facebook_32.pngtwitter_32.pngapple_32.pngblogger_32.pngyoutube_32.pngemail_32.png

13歳の時、手にしたトランペットをきっかけに彼の音楽という旅が始まる事になるが、その後すぐエレキベースへと目覚め、地元のミュージシャンと演奏そして作曲活動に励むようになる。16歳の頃コントラバスを学び始めジャズの世界へと導かれ気付くと"Ghost Town Swing".というスゥイング/ジャズバンドのリーダーとなっていた。高校卒業後、ジェフは The University of North Texas(ノーステキサス州立大学)に入学。Lynn Seaton そしてJeff Braditichに師事し、広く名高いビッグバンドやその他のスモール・アンサンブルで演奏する機会を得る。またテキサスにおける豊かで多様性のある音楽シーンは、ジャズのみならず、ラテン、ブルース、カントリー、ロック、メタルなど、様々なジャンルの音楽に精通する機会を与えることとなった。

その後2004年に東京に移住し、バックミュージシャン、スタジオミューシャン、バンドリーダー、作曲家、アレンジャーとして活躍し、忙しい毎日を送っている。アルバム制作においては、ビデオゲームのサントラやオリジナルの作品など多数のレコーディングに従事し、ジェフのオリジナル曲はアメリカのテレビや映画などで使用されている。また彼は自身がリーダーを務める"The Outer Rim"というバンドを結成し、2枚のアルバムを手掛け、Tokyo Jazz Festivalにも出演。その他のプロジェクトでもフジロックを含む世界中の音楽フェスに参加してきた。

これまで共演してきたアーティストの中には、Crystal Kay、青山テルマ、小柳ゆき、Jill Decoy Association、Davy Mooney、田井中福司、ハクエイキムなどがいる。またSerindipity Big Bandのゲストアーティストとしてライブに参加した、Bill Watrous、Eric Merienthal、 Bob Sheppered、Randy Breckerなどとも共演を果たした。

ジェフは現在Tokyo Groove Alliance、Coppe、Ebonvoid、そして The Outer Rimのバンドメンバーとして活躍。

オリジナル曲が使用されたテレビ番組:
Emeril Green
Biography
History Detectives
Life After
Millers Tale
Samantha Brown Passport To Great Weekend
United States of Tara
Playboy Channel
Greats
TV Is Dead
Daycare Divas
All That Jazz
Premiere The Movie Scene
Lords Of The Revolution

オリジナル曲が使用された映画:
Paper Heart
United States Of Tara
Trust